よだれがひどい/ 猫の病気の症状

よだれがひどい時の症状

猫は腎臓に加えて、口内炎などにも意外とかかりやすいようです。
口の中に口臭が酷くないかとか、炎症を起こしていないかなどを時々確認しておくと安心です。 よだれなどが頻繁にでてしまっている場合は咬み合わせの異常や口内に何らかの疾患を持っている可能性がありますので注意をしましょう。

よだれが出るケースで最悪なのは、歯茎に癌ができたときではないかと思います。癌でないときは、歯の間の歯茎が歯周病で赤く炎症を起こしている場合もあります。 近年では、猫用の歯ブラシなどが非常に充実していますので、飼い主の人は飼い猫のために歯を磨いてあげる技術を養うといいでしょう。

歯垢や史跡が酷い場合も、自分で取れる所は取り除き、もし歯周病などがある場合には、獣医さんから処方された消毒液などを患部に塗布してあげるといいでしょう。よだれが常にでているという状態でそのよだれに血が混じるケースがあります。与えた食べ物などで、口内を何か傷付けている可能性があります。

猫イメージ

もうひとつ、口がずっと平っ気ぱなしの場合ですが、あごが外れている可能性もありますので、早めに獣医さんに診せにいってください。

歯垢や歯石などをある程度、取れる所は取り除き、もし歯周病などがある場合には綺麗に消毒などを受けるといいでしょう。

ページのトップへ ▲

よだれがひどい時に考えられる病気

口内炎、食道炎、熱中症、歯周病、ガン、ネコエイズ、中毒、脳や神経の異常、てんかん

ページのトップへ ▲