糖尿病/ 猫の病気の症状

糖尿病の症状

猫が糖尿病になるのはどのような要因があるのでしょうか?
糖尿病自体は人間と同じように膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの不足で起きます。 血糖値が著しく上がってしまいさまざまな症状を引き起こします。

この糖尿病は、飼い主側がペットフード以外にも甘いものなどを過剰に与えているとなる可能性もあります。 そして、平均体重をゆうに超えるメタボ猫になっている場合はとくに危ないようです。 体内のインスリンが低下すると、グルコースというブドウ糖を分解できなくなってグリコゲンに変換ができず、血糖値を下げることができなくなります。体細胞内への取り込みエネルギーにすることもできなくなります。

猫イメージ

そのため、体の中でエネルギーを蓄えることができず、体の内部は常に飢餓の様な状態になります。 この病状もよく水を飲んだり、太っていたのに急にやせ始めたりするので、飼い猫の体調を管理する側である飼い主が異常を察しなくてはいけません。 主に治療する場合は、人間の糖尿病と同じようにインスリンの投与と食餌療法しかありません。食後の血糖値を上げにくい繊維が多いものを与えます。 どの病気も同じですが、少しでも異常を感じたら最寄りの獣医さんに診せましょう。

ページのトップへ ▲