心臓病/ 猫の病気の症状

心臓病の症状

猫の心臓の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?
猫の心臓疾患のほとんどは、「心筋症」と呼ばれるタイプの疾患です。
心筋症は、複数の種類があり大きく分けると、心臓の内部の筋肉が分厚くなる「肥大型心筋症」と心筋が薄くなり広がる「拡張型心筋症」と心室内が詰まって血液が流れにくくなる「拘束型心筋症」があります。

これらの心筋症は発症自体が原因不明で、とくに有効な治療法自体がありません。 心臓の機能低下を、対症療法として行うことぐらいしか飼い主にできることはありません。 心臓がこれらの病気になって弱っていくと、今まで高い場所にヒョイヒョイ登っていた猫が急にヨロヨロと呼吸が困難そうになって、ゼイゼイと息切れ状態になりやすくなるのが特徴です。

猫イメージ

心筋症が悪化すると、突然死もあり、後ろ足の血管が詰まりやすくなり、マヒするケースも割と多いようです。
心臓病にかかってしまった場合は対症療法しか有効な手立てはないようですので、獣医さんと話し合い、飼い主が出来る限りの治療を行っていくことが重要です。 バランスの良い餌を与える食餌療法も効果的ではないかと思います。

ページのトップへ ▲