ペット保険の必要性



ペット保険とは何??

ペット保険

ペット保険とは、ペットが動物病院などで医療のサービスを受けたときに、健康保険や医療救済のように、飼い主が支払う費用の一部を割引したり(割引型)、後日に一部費用が戻ってくる(給付型)ことによって、飼い主の費用の負担を軽くする保険サービスです。

ペット保険

主なペット保険の保障内容は、治療、手術、入院の3つになります。なお、「ペット保険」のはじまりはイギリスと言われていて、加入率は国内で、動物飼育頭数の約15%程度。イギリスの他に、ドイツ、フランス、スウェーデンなどのユーロ諸国をはじめ、アメリカ、カナダなどでは保険会社がペット保険を扱ってます。

ページのトップへ ▲

ペット保険は何故必要なの??

ペット保険

人間は、健康保険のおかげで病気や入院等で支払う医療費は全体の何割かの自己負担で済みます。
しかし、ペットの場合は自由診療なので飼い主の全額負担になります。

ペット保険

そのため、ペットが突然の病気や事故などに遭って、治療や手術、入院などが必要になった場合に、高額な医療費を請求されて驚くことが多々あります。 特に、近年はペットの高齢化が進んで寿命が延びている分、人間と同様に病気になるペットも多く、そのため長期の治療や入院にかかる費用は、高額となります。

そこで、ペット保険に加入していれば、愛犬・愛猫などペットのもしもの時にそなえることができます。当サイトでオススメのペット保険は、「うちの子ライト」です。口コミでの評判も良く、比較してみれば断然安い保険料!ペットの手術と入院にも安心です。>> お申し込みはこちらから

ページのトップへ ▲

ペット保険の種類は様々

ペット保険

一般的なペット保険の活用ケースとしては、例えばケガや病気で動物病院へ行った場合にかかる診療、入院、手術費用の保証を受けるこてができます。また、保障種類によっては予防接種や去勢手術、不妊等に対して保障を受けることもできます。

ペット保険

近年では、ペットが癌と診断された場合にも、給付金が支給される保険もあります。その他では、死亡時にお見舞金が出るといった生命保険のような役割を持った商品もあって、第三者に噛み付いてケガをさせたような場合でも補償金(見舞金)が支払われる障害保険サービスがついている保険もあります。

ページのトップへ ▲