猫の寿命

猫の寿命

猫を飼い、猫と一緒に生活を送っていくうえで気になることに、猫の寿命があります。猫も生き物であるため、そのうち寿命が来てしまうものですが、そんな猫の寿命とはいったいどのくらいのものなのでしょうか。

猫の寿命と一口に言っても、個体差が大きいため正確なものは決めにくいですが、最近では10歳から16歳ぐらいが猫の寿命の平均とされることが多いです。

平均は前述の通りですが、野良猫などは4歳ほどで死んでしまう個体もあるほか、外飼いネコの事故や、病によって早く寿命を迎える飼い猫も多くあります。また、その逆に最近では16歳を超える猫も多く、長いものでは20歳を超える猫も増えてきています。また、オスよりもメスのほうが長生きする傾向があるようです。

飼いネコに限れば、全体的に猫の寿命は長くなってきているということができるでしょう。猫の長寿化が進んだ原因は、いくつかのものが考えられます。

猫の寿命

まず、医療機関や医療技術の発達が最たるものといえるでしょう。医療技術等の発達は、それだけで猫の寿命と直結するもので、それにより猫の寿命も長くなりました。


医療の発達に際して、猫のワクチン接種や去勢が盛んになったことも長寿化の原因とされています。ワクチン接種はそれだけで病気のリスクを下げられますし、去勢などをした猫は卵巣腫瘍や子宮蓄膿症のリスクが下がり、長寿化に貢献したとされています。

猫の寿命

また、ペットフード普及も、長寿化に貢献したとされています。ペットフードは、それだけ猫に適した食物であり、人の食べるものよりも猫の体に良く、そういったものが普及したことによって猫への負担が減ったのではとされています。

また、これらのほかにも室内外の普及なども長寿化に貢献しているといわれています。

愛しい猫の長生きのためには、前述したようなものの他にも、飼い主によるケアや管理が必要であり、猫に寄り添うような生活をしていく必要があるといえるでしょう。

ページのトップへ ▲