猫のワクチン接種

猫のワクチン接種

猫を飼い始めるうえで考慮しなければならないことの一つに、猫のワクチン接種があります。

ワクチン接種とは、猫の体の中に微量の抗原を注入し、猫の体内で抗体を作らせ、次に抗原に感染した際に体が対処できるようにするもので、簡単に言えば感染症の予防接種のことです。

ワクチンの接種によって、対象となる感染症に対し、発祥しなくなる、あるいは発症しても軽度なもので済みやすくなり、猫の病気を回避するための手段として認識されています。

猫のワクチン接種には、仔猫の場合は適正な摂取時期、もしくはワクチン接種が可能になる時期があります。一般的には、仔猫に対しては生後8週間、60日ほどのころに1度目のワクチン接種を行い、生後110日目あたりで2度目のワクチン接種を行うことが多いとされています。

猫のワクチン接種

反して、ワクチンに対する抵抗力の強くなった成猫に対しては、健康であればいつでも受けられるとされています。ワクチンを受けた後は、獣医との相談などによって、1年周期や3年周期などで再びワクチン接種を受け、抵抗力の維持に努めます。

猫のワクチン接種は義務ではなく、飼い主の裁量によって摂取の申し出をすることになります。そのため、猫のコンディションの考慮や、信頼できる担当獣医との相談を行うことが重要です。

一般にワクチン接種には各種ワクチンの単体のものや、3種、4種、5種混合ワクチンなどがあり、それぞれ猫の状況に応じて、相談のうえで選んでいく必要があります。料金は3000円〜数千円程度のものが多いです。

猫のワクチン接種

現在、ワクチンについては専門家同士でも議論がなされており、必要性についてよく討論されています。というのも、ワクチンによる発熱や肉腫の発生があるためで、ワクチンが本当に猫の健康に良いのかという疑問があるからです。

結論は出ていませんが、猫の健康のためにワクチン接種を行うか行わないか、行うならどういった周期で再接種するか、行わない場合はリスクマネジメントはどうするかなど、飼い主として猫のためによく考慮する必要があるといえるでしょう。

ページのトップへ ▲