室内での猫の注意点

室内での猫の注意点

現代においては、飼いネコのうちの多くの割合が室内において飼われているといわれています。屋外飼いをしている飼い主さんも多いですが、昨今の傾向としては室内飼いの方のほうが多くなってきているようです。

では、室内で猫を飼う際には、どういった注意点があるのでしょうか。室内なのだから特に気にかけるところはないという方もいますが、そんなわけありません。ここでは、室内飼いの猫に対する注意点をいくつか紹介しましょう。

室内で猫を飼う際には、家の中のものをイタズラされない様にしつけなければなりません。猫は、室内に遊び道具になりそうなものがあれば手を出してしまいがちで、インテリアや壁紙に傷をつけてしまうこともあるので、注意が必要です。インテリアなどを引っかいたりしないように、爪とぎなど、代わりになるものを用意してあげると良いでしょう。

室内で猫を飼う場合は、猫にストレスが溜まらないように注意してあげなければなりません。室内の猫は、外界との交流が乏しく、あったとしても散歩くらいしか外へ行くことはないでしょう。そのため、そういったことでストレスを溜めないように取り計らう必要があります。

室内での猫の注意点

猫用の遊び道具を用意して一緒に遊んだり、生活環境の整理などのほか、最近ではキャットツリーなどもあるので、そういったものをそろえて遊ばせ、ストレスを解消できるようにしてあげると良いでしょう。外に行きたがる子を無理に家に閉じ込めておくのも良くなく、猫と散歩などをしてあげるのもいいでしょう。


猫を室内で飼うと、猫特有の臭いが家中につきやすいです。気にならないならば問題ないのですが、人を招く際には消臭等のエチケットを忘れずに行うと良いでしょう。

室内での猫の注意点

また、臭いと同時に抜け毛もあるので、同様に対処しましょう。ほかの注意点としては、散歩に行った後には足を拭くようにすること、家の中に猫にとって不都合な部分が無いようにすることなどがあります。

猫と飼い主がお互いに妥協しつつ生活できれば良いのですが、そうもいかないので飼い主が気を使ってあげると良いでしょう。

ページのトップへ ▲