猫のしつけ

猫のしつけ

猫を飼い始めるうえで、猫に対するしつけについて考えることでしょう。ペットと一緒に暮らす上では、お互いに不利益であったり、不都合なことは避けねばならず、そのためにしつけをすることはとても大切で、しつけによって飼い主と猫がともに心地よい暮らしを実践することができます。

ですが、猫という動物に対して、「しつけ」という行為はあまり意味がない、というよりも無理なものとされることが多いです。理由としては、猫は犬などと違って、群れず、リーダーを作らない傾向があり、飼い主をリーダーだと思って言うことを聞いてくれるということは、期待しないほうが良いからです。

猫のしつけ

では、猫の素行の矯正については、どうしようもないことなのかというと、決してそういうわけではありません。しつけは無理でも、猫は住みよい環境に誘導されるので、その習性を利用すればよいのです。

主なしつけには猫のトイレがあります。家中の好き勝手な所に排泄をされてはとても住みよく共同生活を送ることなどできないので、猫に一定のトイレとする位置で排泄してもらう必要があります。

猫は、トイレとして猫砂や千切った新聞紙などを、トイレ用トレーなどに敷き詰めておくと、排泄物を隠す習性から用意したトイレで排泄してくれることが期待でき、猫の誘導を以ってしつけをすることができます。トイレと同様に、家の中を引っ掻き回す場合は、爪とぎなどを用意しておくと、代わりに爪とぎで遊ぶようになります。

猫のしつけ

このように、猫の気持ちや習性から代わりになるものを掲示し、そこへ誘導することでしつけを行うと良いでしょう。しつけ中の注意としては、怒るときはその直後に怒ることや、怒るときに名前は呼ばないことなどがあります。

怒るのは直後でないと意味を成しませんし、怒るときに名前を呼ぶと、猫の名前を呼んだ時にこちらに反応しなくなることがあります。これらのほかにも、原因を良く知ること、短く怒ること、体罰しないこと、失敗時の処理は事務的に落ち着いて行うことなど、しつけをするうえで注意したいことは多いです。

ページのトップへ ▲