猫の里親

猫の里親

猫を飼うにあたって、通常の購入方法のほかに、猫の里親となる方法を持って飼い主になることができます。里親とは、飼い主が、何らかの事情によって飼い続けることができなくなってしまった猫を、新しい飼い主(里親)として代わりに飼う人のことを指し、里親として猫を飼い始める人も、最近では増えているようです。

猫の里親となる経路は、主に二通りほどあります。まず一つ目は、飼っていた猫が子供を多く生み、飼いきれなくなった子猫を引き取る方法や、前述の通り飼い主の病気などの急な生活の変化などで、飼い続けられなくなった猫を引き取る方法です。

猫の里親

この方法は、飼い主同士、または仲介人とよく話し合ったうえで取引され、お互いに相手の状況を審査、相談したうえで取り決めていきます。引き取る猫の元の生活実態も分かりやすいので、引き取った猫の養育も比較的容易とされています。

もう一方の方法は、保健所等から引き取る方法です。現在、保健所や保護センターには多くの猫が保護されており、引き取り手が現れなければ殺処分されることから、一人でも多くの里親が現れることが望まれています。

これらの保健所などから猫を引き取ることでも、猫の里親として猫を飼い始めることができます。こちらの方法の場合、猫のもともとの生活実態が分からないことから、養育の難易度が高めとされています。

猫の里親

また、昨今では里親制度を悪用する人がいるため、引き取るうえで里親として適正かどうかの審査もあります。これらの方法で里親となった後にも、猫のワクチン接種などの医療費や飼育するためのアイテム等でお金がかかるので、それなりの経済力も必要です。

また、新しい環境に連れてこられた猫は、緊張や慣れない環境からストレスを受けやすいので、上手く猫をケアしてあげることが大切です。

里親として覚悟したいことには、猫を引き取り、飼い始めるということは、これまで通りには生活できないということであるほか、引き取られる猫もデリケートとなっていることが多いので、猫のために献身するつもりで里親になる必要があります。

ページのトップへ ▲