屋外での猫の注意点

屋外での猫の注意点

猫の飼い方のうち、屋外飼いという方法があります。しかし、この屋外飼いには注意点も多く、飼い主が注意し、気をつけておかなければなりません。ここでは、屋外飼いの猫の注意点について紹介します。

屋外で猫を飼う際に注意したいことは、まずはじめに病気の感染や、知らないところ交尾をしてきやすいという点があります。外界で猫はあらゆる所へ行き、喧嘩などによる傷、拾い食いなどからさまざまな感染症になる危険性があります。

そのため、室内飼いの猫よりも病気になりやすく、飼い主のケアや事前のワクチンなどによる対策が必要です。また、交尾などによって病気になったり、子供を授かったりしてしまうため、それを望まないならば避妊、去勢手術は必ず行うようにしましょう。

屋外での猫の注意点

屋外飼いの場合に注意したいこと、了承しておきたいこととしては、平均寿命が低いということがあります。室内飼いの場合は平均16年ほどで寿命を全うしますが、屋外飼いの猫の場合は、10年生きれば良い方とまで言われています。

理由としては、前述のような病気などによる負担や、交通事故、喧嘩、猫用トラップ、心無いイタズラなどがあり、外で飼う分にはそういったリスクを考えておかなければなりません。この点から、室内で飼うべきという声も多く、室内飼いにする方も多いようです。

実際に屋外で飼う場合に行っておきたい事としては、外での猫の行動や素行について、知っておくべきというものがあります。

屋外での猫の注意点

行っている飼い主は少ないですが、外での自分の猫がどういった場所へ行き、どんなことをしているかなどを理解しておくと良いでしょう。

行動などに問題なければいいものの、場合によっては他の家に粗相をして迷惑をかけるなどのトラブルを起こしたりするので、そういった場合は外飼いをやめるべきといえます。

迷惑に思った人が猫トラップを仕掛けていることもあるので、問題行動を確認したら室内飼いに戻した方がお互いのためでしょう。ほかにも、周辺環境や猫の状態によって注意点は増えるので、飼い主が気付き対策してあげましょう。

ページのトップへ ▲