猫のお風呂の入れ方

猫のお風呂の入れ方

猫を飼ううえで、猫に行うケアの一つにお風呂に入れることがあります。猫をお風呂に入れる理由は、人間と同じく汚れた体をきれいにするためで、体が汚れてしまった場合はお風呂に入れて洗ってあげる必要があります。

猫をお風呂に入れて洗う手順としては、まず毛を梳かしておき、耳にコットンを入れ、必要なら眼炎軟膏を目の周りに塗り、お湯で体を濡らしておきます。

次に首から尻尾まで猫用のシャンプーで洗い、シャンプーが目に入らないように丁寧に顔を洗います。シャワーを嫌がる猫は多いため、溜めておいたぬるま湯でよくシャンプーを洗い流してあげましょう。

猫のお風呂の入れ方

そのあと必要ならリンスなどを使い、お風呂からあげて耳のコットンを抜き、タオルで体をやさしく拭いた後、ドライヤーで乾かしてブラシで毛を梳かせばお風呂は終了です。

注意として、絶対に猫用のシャンプーを使うことや、猫の皮膚は薄いので洗いすぎたりしないことがあります。

お風呂に入れる時以外では、長毛種の猫などは特に毛が絡まりやすいので、普段から、加えてお風呂上りには猫用のブラシで優しく毛を梳かしてあげましょう。

ところで猫をお風呂に入れることは大切ですが、汚れなければ基本的にお風呂は必要無いです。あまり汚れない室内飼いの場合はそれが顕著で、特に短毛種であれば半年に1回ほど、室内飼いで部屋が清潔などの場合によってはお風呂に入れなくても事足りるとされています。

猫のお風呂の入れ方

さらに猫はグルーミングをする綺麗好きな動物であり、また皮膚の薄さなども加えて、汚れない限りはあまり洗わないほうが良いです。そのため、稀に室内飼いで汚れた場合や外飼いで汚れて帰って来た時以外はそのままでも問題ありません。

例外として、室内飼いでも同居する人間がたばこを吸う場合は、同じ室内飼いの猫より少し頻繁にお風呂へ入れる必要があります。

というのも、タバコのやに等が猫に付着したままだと、猫の健康障害の発症確率が数倍になるとされているためで、飼い主や同居人がたばこを吸うなら、お風呂の頻度を1〜2か月に1回などにしてあげましょう。

ページのトップへ ▲