野良猫の飼い方

野良猫の飼い方

猫を飼い始めるにあたって、猫の入手方法には、ペットショップ等で購入する、譲り受けて猫の里親になるなどのほかに、野良猫を飼うという方法があります。

野良猫は、外にいるもののほかに、保健所などから連れてくる方法があり、主にこのどちらかから連れてくるのが一般的です。

外にいる野良猫の場合、捨て猫だとすぐ分かる様なら連れてきてかまいませんが、外飼いの猫の可能性がある場合は、飼い主がいるかどうかよく調べてから引き取らねばなりません。よく下調べをして飼い猫とするかどうか判断しましょう。

野良猫の飼い方

保健所や動物保護センターなどから引き取る場合は、里親として引き取ることになりますが、その際に審査があることがほとんどですので、先に了承しておきましょう。これらの方法で引き取った後に、初めて野良猫を飼うということになります。

野良猫というと、どうにも飼いにくい、しつけが難しい、懐かないなどのイメージを持たれがちですが、野良猫といえども同じ猫なので、基本は同じです。

たしかに、成猫だと少々環境になれるのに時間がかかるかもしれませんが、そこは飼い主が猫が気に入るような環境を整えてあげればさほど問題はありません。そのため、飼い始める前に必要なアイテムをそろえておき、万全を期した状態でしつけ等をしつつ生活していきましょう。

野良猫を飼う場合は、通常と同じく、ワクチンや避妊・去勢、室内か外で飼うかなど、先に取り決めておくべきことがたくさんあるので、よく考えたうえで飼うようにしましょう。

野良猫の飼い方

これ以外には、対象の猫の状況から考えていかねばならず、場合によって対処していきましょう。猫の中には臆病だったり、人に警戒したりする子や、言うことを聞かない子などもいますが、もともと人の思い通りに動く動物ではないので、猫が飼い主との生活になれるような環境を整えていきましょう。

また、人を警戒していなければ、猫のストレスにならない程度にスキンシップや声掛けをすると良いとされているので、活用していきましょう。

ページのトップへ ▲