猫の公共交通機関への乗せ方

猫の公共交通機関への乗せ方

猫と一緒に生活するうえで、場合によっては猫と一緒に公共機関へ行かねばならないことがあると思われます。ですが、公共の場所に人間以外の動物が侵入してしまうことは大丈夫なのだろうか、と不安に思う方も多いことでしょう。ここでは、猫の公共機関の利用について紹介しましょう。

猫や犬などにおいて公共機関というと、バスやタクシー、飛行機や電車などの交通機関であり、狭い室内に猫を連れ込むことになります。これらの公共機関では、それぞれが運営する会社や自治体によって規定に差があることがありますが、一般的には猫の利用も可能です。

猫の公共交通機関への乗せ方

ほとんどの公共機関では、既定の大きさ以内のキャリーバッグに入れるなどの配慮が必要で、公共機関によっては別途料金が必要になります。

これらの規則は、それぞれの運営会社によって差異があるので、利用前に下調べなどをしておくとトラブルも少なくて済むでしょう。

例外として、飛行機の場合、猫は搭乗ではなく搭載という形で飛行機に乗ることになるので、飛行機に乗っている間は飼い主と猫の接触は絶対にできません。先に了承しておきましょう。

公共機関を利用するときには、利用は可能とは言え他の人も利用することから、飼い主側の配慮などもできる限り必要といえます。最も簡単な物には、電車などの場合はなるべく混まない時間帯を狙うことがあります。

電車の混雑時は、室内が狭くなり、猫アレルギーなどを持つ人々も避けようがなくなってしまうので、可能ならば混雑時を避けて搭乗すると良いでしょう。このようにある程度の配慮をすると、飼い主にも、同じ搭乗者にもトラブルが起きにくくなります。

猫の公共交通機関への乗せ方

最近では、マナーが悪い飼い主が現れることで、公共機関運営側も困っているため、マナーアップが叫ばれています。

そのため、自分が飼い主であると同時に、社会構成員の一人であるということ忘れ無いようにせねばならず、他人との住みよい社会にできるよう配慮して利用することが必要になってきます。

また、長時間の移動は猫にとっても大変なストレスになります。常に様子をうかがい、猫の元気がないようでしたらすぐに休憩を取りましょう。

ページのトップへ ▲