猫の避妊対策

猫の避妊対策

猫を飼ううえで、猫の一生に関わる事柄の一つに、猫の去勢や避妊手術などの、妊娠対策があります。猫の避妊や去勢は、ただ妊娠しなくなるだけでなく、飼い主たちとの生活にもかかわってくるので、必要性などをよく考慮したうえで行っていく必要があります。

猫の避妊や去勢手術の利点は、まず妊娠に対する対策という役割が大きく、繁殖を目的としないのであれば、リスク回避のために避妊・去勢手術は必要性が高くなります。また、妊娠対策のためだけのものではなく、飼い主たちとの共同生活にも大きく作用していきます。

猫の避妊対策

猫の習性として、主に雄猫はマーキングやスプレー行為などといったことを行い、雌猫にすぐマウントしようとしたり、雌猫は発情期に大きな声でないたりするほか、オスメス問わず情緒不安定になるので、飼い主たちとの生活にも支障をきたす可能性があります。

また、避妊や去勢手術は、性器付近の猫の病気や、ホルモン関連の病気の予防となるので、猫の健康向上にも効果があるとされています。

猫の避妊・去勢手術には、オスとメスでは勝手に差があります。オスの場合は去勢手術を行い、睾丸を摘出することで終了するので、日帰りや1日入院程度済みます。スプレー行為などを残さないために、生後6か月から10か月の間の発情前が良いとされ、2万円程度が手術費用の相場とされています。

猫の避妊対策

メスの場合は、避妊手術を行い、切開などのために数日の入院が必要になるほか、退院後の抜糸のための再来院が必要になってきます。

手術は、生後1年ほどに来る最初の発情期の後や、その周辺に行うことが良いとされており、手術費用相場は2万5千円ほどで、そのほか入院費、抜糸のための費用などが掛かり、オスの去勢とは微差ながら比較的高額なものになります。

猫の避妊や去勢手術などの妊娠対策は、猫の一生を左右し、今後の猫との生活の方向性をある程度決めるものなので、飼い主としてよく考慮して決め、取り計らえるようにしましょう。

ページのトップへ ▲