猫のコンテスト

猫のコンテスト

ペットとして私たちに認識されている猫ですが、そんな自分たちの猫を世間にアピールするためのものに、猫関連のコンテスト・コンクールがあります。

これらのコンテストやコンクールは、自分の猫について、または猫とその飼い主についてのアピールができる場所として開催され、昨今さらなる盛り上がりを見せています。

コンテスト・コンクールといっても、厳正なものから簡単に参加できるものまで多くの種類があり、それらのジャンル別に需要があります。

猫のコンテスト

猫におけるコンテストで、最も参加しやすく、多く開催されるものには、猫のフォトコンテストがあります。これは自分の猫を(場合によっては誰の猫でも可)写真に収めてエントリーし、審査や投票によって順位を決めるコンテストのことを指します。

参加者は、自分の猫をアピールしたい人、写真における技術を見てもらいたい人などが集まり、手軽さから参加者も多くあります。場合によっては、猫のポーズやアングル、テーマなどが設定されていることもあるので、いろいろ調べてみると良いかもしれません。

賞品が無い場合もありますが、コンテストによっては賞品贈呈やカレンダー撮影に起用されるものもあるようです。

写真と同じような物には、動画コンテストもあります。違いは静止画から動画に変わるだけですが、一連の動きから何かを伝えるという意味では難易度が高く、まだ開催数は少ないながら興隆を見せています。

猫のコンテスト

猫自身のコンテストには、モデル猫やCM猫などの起用コンテストがあります。短いCMに出演させるためや、カレンダーや週刊誌に乗せるモデル猫を起用するために開催され、評価された猫は飼い主などの仲介を得て出演することになります。

数は多くないものの、猫を広く認知させるチャンスとされています。こちらも、猫の品種などの制限などが存在することもあります。

これらのほかには、毛並みの評価や、猫のしつけに関するコンテストなども少ないながら存在しているようです。

ページのトップへ ▲