猫の病気

猫の病気

かわいい自分の飼い猫ですが、生物である以上はさまざまな病気にかかる可能性があります。そんな時にケアしてあげられるのは、飼い主である自分だけであり、飼い主として一定以上の知識を持ったり、猫の健康やしぐさなどの観察を行う必要があります。

猫の病気は、猫の行動から気づくというパターンが多いです。何かいつもと違う行動をする場合は、何か理由があることがほとんどです。

まず、えさを食べない、吐く、下痢、血尿、便秘、おしっこが出ないなどの場合、消化器官系などの異常や、内臓の機能低下などが考えられます。また、体力低下や病気によって体力が奪われていることも考えられます。

猫の病気

下痢などの場合は、食べているものが問題であることも考えられるので、食品に関しても気を使いましょう。

猫がよだれを垂らす、鼻水が垂れるなど、口回りに異常がみられる場合は、花粉症などのアレルギー、虫歯や歯周病、風邪によるものなどのほかに、脳の病気なども考えられます。どのみち危険な状態である可能性は高いので、すぐに病院へ連れて行きましょう。

体を掻き続けたり、頭を振るなどした場合は、ダニやノミによるものが考えられるほか、皮膚病の可能性もあります。また、頭を振る場合は外耳炎や中耳炎、脳炎や耳ダニなども考えられるので、注意しましょう。

猫の病気

身体能力の低下や、不自然な歩き方などの場合は、骨折や関節の不調などの可能性があり、病気とはまた別ではありますが早急に治療が必要になってきます。また、動きたがらない場合は、病気によって体力を奪われていることも考えられますので、健康状態に異常がないかチェックしましょう。

このほかにも、けいれんやひきつけ、体温の下降・上昇、脱毛、不自然な呼吸など、病気の前兆となるサインがあります。行動から病気の特定はある程度可能ですが、素人にはある程度傾向が分かる程度で詳しい病気の判断は実質無理なので、いつもと違う行動をしたり、体調に変化があった時は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

また、病気が発症する前に、ワクチン接種や周辺環境の整理によってリスクを減らし、なるべく病気にならないようにすることも、飼い主の務めといえるでしょう。

ページのトップへ ▲