よく水を飲む / 猫の病気の症状

よく水を飲むときの症状

普通の状態の猫の場合、そんなに水を摂ることは少ないと思います。今現在、ペットとして飼われている猫の祖先は雨の降りにくい半乾燥地域などに生息していたリビア猫の流れです。捕食したものから水分を取って生活をしてました。

普通に水に触れる必要のない生活を祖先から行ってきているのです。ですから、水分を過剰に摂取する場合は、何らかの病気を疑った方がいいかもしれません。猫は腎臓病になりやすい特徴を持っていますので、特に高齢の猫になると腎機能が衰えて、水をよく飲むようになります。

猫イメージ

腎臓は一度、病気にかかってしまうと二度と元に戻ることはない臓器です。治療方法はないのでこのような症状にすでになってしまっている場合が非常に怖いです。若い猫が毎日、茶碗1杯以上の水をあまり過剰に摂取する場合は少し、腎臓などの内臓の病気を疑った方がいいかもしれません。

ガンに侵されている場合や下痢でお腹を下しているとき、日射病になったり、熱中症のようなときも水分の消費が多くなります。やはり、普段から飼い主側から猫の症状に気を配っていなくてはいけません。

ページのトップへ ▲

よく水を飲むときに考えられる病気

慢性腎不全、糖尿病、子宮蓄膿症、ガン、すい臓の病気、腎炎、腎臓の腫瘍

ページのトップへ ▲