呼吸に異常、咳をする / 猫の病気の症状

呼吸に異常、咳をする時の症状

猫が十二分に酸素を取り込めず、呼吸が艱難で苦しそうな場合は肺など呼吸器官に何らかの異常事態が起こっていると推測されます。 呼吸が困難になると当然ですが、元気をなくし、奇怪な呼吸音を息をするたびに行い見たまの状態でも心配になります。 変わった音の咳などもよくします。

こういう場合は、何にしても長期間続くと大変な症状になっていくので放っておくのは厳禁です。 呼吸に問題が生じているときは温かい場所は症状を悪化させるだけなので避け、涼しく静かな場所へ猫を移動させましょう。 それでも落ち着かない場合は、肺などの内臓に疾患がある場合があります。 ハウスダストを吸い込むことによっても雑菌などが潜んでいて、咳をする原因になる場合がありますので、猫のいる部屋は特に清潔に保っておきましょう。

猫イメージ

猫風邪など病気にかかっている可能性もありますので一番にいいのは、別項でも書きましたが、ちょっとでもこれおかしくないか?と異常を感じたときに、獣医さんに診せるか否かという点のみです。猫は人間のように言葉で痛みや苦痛は訴えることはできませんので、飼い主の直感が非常に重要になります。

ページのトップへ ▲

呼吸に異常、咳をする時に考えられる病気

呼吸器の病気、心臓の病気、心筋症、貧血、肥満、リンパ腫、ガン、細菌感染症、フィラリア症 、トキソプラズマ症、心筋症

ページのトップへ ▲