痙攣(けいれん)、ひきつけ / 猫の病気の症状

痙攣(けいれん)、ひきつけ時の症状

猫がけいれんや、ひきつけになった場合はどのような状態でなっているのかというといろいろな要因があると言えます。 何らかの病気にかかっているときと併発する場合が多いようです。 衰弱していたりしている場合がありますので、気を付けておきます。
体がピクピクしたりして、まともに動けなくなり口から泡などを吐いたりしている場合は、口から吐いた泡などを拭き取り、毛布やタオルなどに包んで涼しい静かな場所などで安静にします。

けいれんは長い時間、起こることはないですが、けいれんを起こした場合は非常に危険な状態にあると言えますので、早めに獣医さんに診せてあげましょう。 猫がけいれんやひきつけを起こす場合は、てんかんの発作の可能性が高いです。
このてんかんの発作が出る原因は、脳に何らかの異常が発症していることが多く、純然たる転換というのは考えられません。

猫イメージ

治療法はたくさんありますが最適な治療法はやはり、かかりつけの獣医さんに診せながら経過を観察していくしかありません。 普段から、動物病院などで定期検査などを行って早期に疾患を発見しましょう。
症候性のてんかんの発作である場合は、他の病気にもかかっている場合がありますので常に注意をしておく必要があるでしょう。

ページのトップへ ▲

痙攣(けいれん)、ひきつけ時に考えられる病気

てんかん、脳・神経の病気、脳炎、心臓発作、肝臓病、腎臓病、尿毒症、低体温症、低血糖症

ページのトップへ ▲