毛が抜ける(脱毛症) / 猫の病気の症状

毛が抜ける(脱毛症)時の症状

普通に季節の変わり目には毛が大量に抜けますが、地肌が見えるように脱毛してしまう場合は病気を疑った方がいいでしょう。
そのような場合には、別項の掻き毟る場合でも書きましたが、ノミ、ダニ、カビなどの感染症、食事によるアレルギーで痒くなって掻く内に、毛まで抜けてしまったりします。

悪いことに脱毛した部分に発疹や肌の乾燥などが起こり余計に掻き毟り病状を悪化させる可能性があります。 また、偏食のし過ぎでも栄養が偏るため脱毛状態になることもあります。 特に左右対称に同じ部分が抜ける場合、ホルモンに異常が出ているようです。

猫イメージ

掻き毟る皮膚病は、飼い猫が患部を無意識に掻いてしまうので慢性化しやすいので注意がよりいっそうと必要になります。 ストレスがたまっている場合、毛のグルーミングを特に過剰に行うようになるので、脱毛というより抜毛に近い形で毛が凄く薄くなってしまいます。

体調の不良による脱毛症の場合は、個人ではどうしようもないので掛かりつけの獣医さんに診せるぐらいしか手はありません。 後は塗り薬や患部をかきむしらないようにするために工夫をするしかありません。 精神的な脱毛の場合は、猫にいかにストレスのない生活を送ってもらうか改善が必要になります。

ページのトップへ ▲

毛が抜ける(脱毛症)時に考えられる病気

脱毛症、皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、日光過敏症、白癬、疥癬、ストレス、ビタミンA欠乏症、ビタミンB欠乏症

ページのトップへ ▲