しきりに体をかく / 猫の病気の症状

しきりに体をかく時の症状

猫がしきりに体をかき痒がっている場合、考える可能性のある原因は、ノミやダニなどの寄生虫などが体にいる可能性があります。掻き毟り、皮膚が赤くなってしまっているときは、皮膚病になっている可能性もあるので気をつけましょう。特に夏場になってくると、湿度が高くなってきます。

ノミやダニやカビなどが発生しやすくなってきますので注意が必要です。また、猫が高齢に達してくると普通に人間と同じように乾燥肌になって、カサカサになっったから、かゆくなって書いているという場合があります。疥癬(かいせん)の場合は痒みが激しいので早く病院で対応してもらいます。この頃は、食事によるアレルギーが原因の場合も多く、油断がなりません。

猫イメージ

ノミに関しては、首や背中に滴下するスポットタイプの薬や飲むタイプのものが支流で、シャンプーや首輪タイプのものがあります。食事アレルギーのときには、何を与えたら猫が痒がるのかを見極める必要がありますので、いったい何を与えたときに痒がっているのかを観察してみましょう。異常行動が見られた場合は、獣医に一度見せた方がいいと思われます。

ページのトップへ ▲

しきりに体をかく時に考えられる病気

しきりに体をかく時に考えられる病気

皮膚病、アレルギー、皮膚の乾燥、疥癬、免疫系の異常

ページのトップへ ▲