ペットの埋葬方法

ペットの埋葬方法

急なペットの病気や、寿命で、ほぼ確実に飼い主が見送るという形でお別れをしなければなりません。そんなペットとのお別れの際に考えることには、どのように埋葬するのか、というところかと思われます。

ペットは何かと人間とは勝手が違ってきますが、埋葬方法においてもそれは同様です。ここでは、ペットの埋葬方法について紹介しましょう。

現在のところ、ペットの埋葬方法は土葬か火葬のどちらかが多いとされています。土葬の場合は海外に多く、近隣に迷惑をかけなければ容認されることも多いですが、土葬のために他の動物が反応し、大切な墓が掘り起こされるということも少なくないので、大切なペットの墓として土葬するのはあまりお勧めできません。

ペットの埋葬方法

土葬する場合は、掘り起こされないように深く穴を掘って埋葬しましょう。対して、火葬を選ぶ方も多いのですが、どこで火葬すればよいのでしょうか。

ペットの火葬においては、ペット火葬業者もしくは地方自治体などで行われるものが主なものといえるでしょう。

業者で行われる火葬は、立会や骨の回収ができる個別火葬(移動火葬車が来ることも)、他のペット達と合同で火葬し遺骨の回収はできない合同火葬(埋葬は共同墓地)このほか個別に火葬するも立ち会えないもの、読経などのオプション付きのものなどもあり、ペット霊園や火葬業者において多く行われています。

ペットの埋葬方法

ただし、悪質な業者も多いので、注意するようにしましょう。地方自治体などで行われるものは、火葬というよりは焼却処分になってしまうので、お勧めしません。共同墓地に入れてくれたり、遺骨を返してくれる自治体もありますが、ほとんどの自治体は焼却処分後遺骨も帰ってきません。

このため、業者などによって遺骨を回収した後、ペット霊園や庭先などに埋葬するものが最も安心感があります。このほかにも、飼い主によって行いたい埋葬方法もあります。そういった際は、その埋葬方法を行って良いものなのか調べてから埋葬するようにしましょう。

ページのトップへ ▲