ペットホテルとは

ペットホテルとは

ペット関連の施設として知られているものに「ペットホテル」というものがあります。ペットホテルとは、その名の通りペット専用のホテルのことを指します。


主なペットホテルの用途としては、ペットの飼い主が出張や旅行、そのほか何らかの理由によって飼い主の立場上留守になる際に、ペットを預かってくれます。早い話が、ペット預り所といった所です。

現在、日本においては5000か所以上のペットホテルの存在が確認されており、全国的に見かけられるようになってきました。ここまで増加した背景としては、ペット数の増加などのほか、ペットを預けられない人々のニーズにこたえたものという背景があります。

ペットホテルとは

ペットホテルには、ペットホテル専用の施設のほかにも、ペットショップや動物病院などが同じような役割を持っていることもあり、同様の目的で利用されています。


単純なペット預り所のような箇所もありますが、最近では設備の行き届いたペットホテルも多くなってきています。

例としては、散歩付きで世話をしてくれる、品種や年齢のほか性格などによって分けて預かってもらえる、ケージに入れずにオープンスペースでの飼育、預かり中の健康管理などのサービス付きなど、ペットを預かる以外にもサービスしてくれるペットホテルも存在しています。

ペットホテルとは

それに反し、いまだにケージに入れたまま餌だけ与えるといった方法をとっているペットホテルも多く存在しています。しかし、これらの保管方法はペットに対して大きなストレスを与えることになり、健康障害なども報告されています。

そのため、ペットホテルでのペットの保管方法については、事前に良く調べ、ペットに対して問題ないかどうかを確認したうえで利用する必要があるといえます。

ペットホテルは、場合によってはペットとともに宿泊できるホテルも指す言葉なので、目的のペットホテルがどちらの意味を表すものなのかも確認しておきましょう。正しく利用すればペットホテルは大変便利な施設なので、必要に応じて利用していくと良いでしょう。

ページのトップへ ▲