ペット保険とは

ペット保険とは

ペット保険の必要性について考えている方も多くいると思います。保険というと、人に対しては医療保険や生命保険、などの多くの保険がありますが、ペットに対しての保険は、人で言うところの医療保険に該当します。

動物動物の医療費は、全額自己負担になってしまうので、医療費は人より断然安いとはいえ、長期的な治療などになると、多額の医療費が必要になることもありえます。

ペット保険とは

医療保険ということで、当然ながら加入条件というものが存在しています。審査対象となるものはさまざまなものがあり、ペットの健康状態、年齢、過去の病気、ワクチン接種状況、飼い主及び周りの人間の関係、品種などに対して加入条件が設けられることが多いほか、商品や保険プランによっても条件は変わってくるといえるでしょう。


ペット保険の保障プランにも多くの種類があります。一般的なものでは、医療費にかかわらず一定の金額を保証する「定額保証型」、事前に定められた限度額内で保証し、補填してもらえる「実額保証型」、医療費に応じて、指定の割合分だけ保証してもらえる「定率保証型」、これらのほかに指定の病気の治療に対して保証するプランなどもあり、必要なプランを選んでいきましょう。

ペット保険とは

保険会社には損害保険会社や共済会社として営業しているものが確認できます。保険料に関してはまちまちですが、大体4000円前後の月額を相場に展開しているといえます。少々高いと感じる方も多いようですが、ペットを飼う上でのリスクマネジメントとして考えればそう高いものでもないでしょう。

ペット保険に入る際には、トラブルに巻き込まれないようにしなければなりません。やはり金銭トラブルや補償内容でのトラブルが多く、事前のチェックやリスク回避はもちろん、自分の周囲の経済環境などから判断していきましょう。

また、自分のペットのコンディションや、今後起こりうる事態の予想なども盛り込んでプランを練っていくとなおよいといえます。

ページのトップへ ▲