よだれがひどい / 犬の病気の症状

よだれがひどい時の症状

飼い犬がよだれを異常に分泌する場合も、何らかの疾患があるのかもしれません。犬は主に口による呼吸によって体温の調整を行っていますので、暑いときには舌を出してよだれが垂れやすくなります。汗をかくための汗腺が比較的少ない犬は、口からよだれをだすことによって水分の量を調整しているとも言えます。

しかし、観察しているとどうも白く泡になっているような状態、つまり泡のようなよだれをしたり、血液が混じっている、口臭がきついなどの異常が見られる場合は病気を疑った方がいいかもしれません。加えて食欲、元気がない、咳や発熱もあるといった状態であるのであれば、口の中の病気や内臓系の疾患やウィルス、細菌などの感染症である可能性もあるでしょう。

犬のイメージ

さまざまな病状の前兆の可能性もあるので、飼い主としては心配な場合は、行きつけの動物病院に連れて行き、その状況を獣医さんに伝えて、対処する方がいいかもしれません。よだれが止まらず、吐くなどの症状がある場合はとくに、食道が炎症を起こしていたりしている可能性もあります。

ページのトップへ ▲

よだれがひどい時に考えられる病気

癲癇(てんかん)、消化器の病気、ガン・癌(がん)、狂犬病、口内炎、熱中症、歯周病、中毒、食道炎、レプトスピラ症

ページのトップへ ▲