痩せてきた、太ってきた / 犬の病気の症状

痩せてきた、太ってきた時の症状

犬が急激に痩せたり、急激に太ったというときには内装的な疾患と飼い主の愛犬に対する健康管理ができていない場合もあるのではないかと思います。痩せる場合には食欲自体が少なくて痩せる場合と、たくさん食べているにも関わらず痩せる場合があります。後者の場合は、内臓的な疾患を抱えている場合があるので注意が必要です。

糖尿病や甲状腺機能によるホルモンの異常、回虫などが怪しいのではないかと思います。急に、食欲が旺盛になる場合も注意が必要です。副腎皮質亢進症という疾患以外の場合は、一旦太った後、急激に痩せるのが特徴です。また、肥満になってしまったときには、別の疾患を併発することもあるので注意しておく必要があるでしょう。

犬のイメージ

肥満は歩くのに負担がかかるため、よりいっそう動かなくなるという悪循環をはらんでいます。物凄く肥満が酷くなったときには、ペット用のプールなどがある所で、ゆっくり運動をさせ食餌もカロリー控えめなものに制限をかけてのダイエットなどが効果的ではないかと思います。
肥満を解消することが、多くの疾患を併発を抑え健康な飼い犬を作ります。急に痩せてやつれてきた場合は、動物病院で検査をお勧めするのは他の項目と同じです。

ページのトップへ ▲

痩せすぎ、太りすぎにサイエンスダイエット!


サイエンスダイエットは多くの獣医師、栄養学者、科学者により開発されました。 このヒルズのサイエンスダイエットは、抗酸化成分(ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテンなど)高レベルで配合されており、50種類以上もの栄養素をバランスよく含んだアメリカのドッグフードです。
パピー(幼犬)〜シニア(高齢犬)までOK!最も理想的な栄養バランスで愛犬の健康状態をサポートします。

ページのトップへ ▲

痩せてきた、太ってきた時に考えられる病気

心臓の病気、ガン・癌(がん)、糖尿病、胃腸の病気、すい臓の病気、寄生虫、肥満、運動不足

ページのトップへ ▲