糖尿病 / 犬の病気

糖尿病の症状

犬が糖尿病になる原因は、食事の与え過ぎが一番だと思います。人間と同じように、インスリンが膵臓から分泌されなくなって、血中のグリコーゲンによるエネルギーを蓄えることが非常に困難となり、エネルギーを蓄えることができなくなります。この病気にかかると、水を大量に摂取するようになり、ご飯をやたらに食べるのに体がやせてくるなどの症状がでてきます。

このような場合は動物病院で、糖尿病の検査を行うことをお勧めします。糖尿病になってしまっている場合は、食餌の改善とインスリンの投与を毎日行うという人間の糖尿病とまったく同じ療法を実践することになります。資金も大変掛かることになりますし、糖尿病が完治することはありません。大体、糖尿病になってしまう前に、飼い主が大量に餌を与えて肥満化している場合がほとんどではないかと思います。

犬のイメージ

人間の食事はなるだけ与えず、健康バランスが整っているドックフードを決まった時間に決まった量だけ与えていくことが、肥満の改善ないし、糖尿病の予防にもつながっていくのではないかと思います。大型犬になればなるほど寿命が早いということから、早い年齢で糖尿病を発症することが多いようですので、大型犬で5歳くらいから糖尿病は気にし始めた方がいいでしょう。

ページのトップへ ▲

健康維持のためにペット用サプリメント登場!

荷花掌(ニカショウ)は人用の健康食品として、約10年の実績と信頼があります。 ワンちゃん・猫ちゃんも一緒に暮らすパートナーとして『家族の一員』 病気になる前にしっかり健康維持をしましょう! 健康維持するには、人間同様に日頃からのケア必須! この機会に是非お試し下さい。

ページのトップへ ▲