よく水を飲む / 犬の病気の症状

よく水を飲む時の症状

犬が良く水を飲むというのはどういうことなのでしょうか?
あまりに過剰に水分をとるということは何らかの病気にかかっている可能性があります。とくに出産経験のない、あるいは、避妊手術を行っていないメス犬が大量に水をガブガブと飲む場合は、子宮蓄膿症という子宮の病気を患っている可能性があります。

この症状になると、発熱し水をたくさん飲み尿が多くなりお腹が膨らみます。放置していると、腎不全や尿毒症になることもありますので注意が必要です。オス犬で、過剰に水分をとる場合は、肥満の状態であるのなら糖尿病を患っている疑いがあります。その他には、副腎皮質機能亢進症や尿崩症といったホルモン異常による疾患などでも大量の水を欲しがる症状があります。

犬のイメージ

病気になっている可能性が高い場合は、以下の点に注意してください。 尿の色が薄く臭いがほとんどない場合、元気がない場合、大量に食べ物を食べる場合。
過剰に何かの行動を起こす、という状態は何か体に異常が出ているサインですので、確実に飼い主が気がついてあげることが大切でしょう。気になる場合は、行きつけの動物病院に連れて行って、一度、獣医さんに診断してもらった方がいいのではないかと思います。

ページのトップへ ▲

よく水を飲む時に考えられる病気

腎不全、子宮蓄膿症、糖尿病、膀胱炎、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群

ページのトップへ ▲