呼吸に異常、咳をする / 犬の病気の症状

呼吸に異常、咳をする時の症状

犬の呼吸がおかしい場合にはどのような病気があるのでしょうか?
絶えず浅い呼吸をしたり、奇怪な音の咳を繰り返すようであるのなら、重要な疾患にかかっているのではないかと疑うべきです。呼吸の異常の中でも、とくに危ない状況は、遅く長く見た目にも苦しそうな呼吸をしている場合です。

胸の内部での出血が起こり、肺などの呼吸器官が圧迫されている可能性があります。異物が喉に詰まってしまったり、胸部の骨などを骨折しているときは浅くて速い呼吸になることがあります。犬の咳は時に何かが詰まっているのを吐き出そうとしているように見えますのでよく解るはずです。普段と呼吸が違うような気がしたら、必ず確認するようにしましょう。

犬のイメージ

また、食物アレルギーなどを引き起こす食べ物を摂取したときにも、呼吸が辛そうになったりしますので気を付けます。飼い主であっても、微妙な呼吸の機微には気がつかない場合があります。
しかし、少しでも変だなと感じたときは、個人の判断だけでなく他の家族などと話し合って、動物病院に連れていくなどの判断をするのが良いでしょう。

ページのトップへ ▲

呼吸に異常、咳をする時に考えられる病気

呼吸器の病気、ガン・癌(がん)、腎臓の病気、心臓の病気、のど・気管支の異物、中毒、菜犬寄生虫

ページのトップへ ▲