血尿・尿に異常 / 犬の病気の症状

血尿・尿に異常が出た時の症状

犬が辛そうに尿を排泄した際に血が混じっていた場合は、腎機能が低下している疾患にかかっていることを疑った方がいいかもしれません。尿は腎臓で作られて、尿管を通り膀胱に溜めて排泄します。この一連の流れのうちに何処かに問題があるから、尿に血が混じっていると推測できます。犬の場合の血尿は、そんなに多くはないと思います。

主に上げられる原因が、尿道結石か腎臓結石、前立腺の異常、膀胱炎、膀胱腫瘍、最後はタマネギ中毒があります。一日に異常な回数、排尿をしようとする動作を繰り返す場合は、膀胱炎系の病気を疑い、尿が出なくなっている場合は、結石系の疾患です。尿道結石の場合は苦し無ことになるので大変痛々しい状態になると思いますので、必ず早期に動物病院に連れて行き、しかるべき治療を受けさせる必要があります。

犬のイメージ

とくに、口内が白く血の気を失い、呼吸や動悸が激しくなっている場合、脱水症状、落ち着かない不安定な動作などを行っている場合は大変危険です。
尿や便は健康のバロメーター、体の異常が最も出やすいので、愛犬の健康管理に非常に役立ちます。日頃から注意して、観察しておく必要があります。

ページのトップへ ▲

血尿・尿に異常が出た時に考えられる病気

腎不全、膀胱炎、タマネギ中毒、尿路結石、フィラリア症、子宮蓄膿症、前立腺の異常、腹部の腫瘍、糖尿病、尿崩症

ページのトップへ ▲