肝臓疾患 / 犬の病気

肝臓疾患の症状

犬が肝臓疾患になるケースにはどのような状況があるのでしょうか?
主に犬の肝臓の疾患として、代表的なものは、肝炎や肝硬変などがあげられます。肝炎の主な原因は、ウィルスやサルモネラという細菌や寄生虫の感染により急性に肝臓に炎症がおこるものがあります。これにかかると、食欲がなくなり、下痢や嘔吐胆管の細胞にも悪影響を及ぼすと黄疸がでることもあります。

慢性肝炎は、緩やかに肝臓が弱っていくので、症状が出にくく気づきにくいこともあり余計に危険です。とくに慢性は年齢を重ねた犬がかかりやすいというよりも、若い状態ですでに掛かっていてそれが高齢になって末期状態で発覚するというケースが多いようです。こうなると、肝臓が硬くなってしまって機能しなくなり肝硬変の状態になります。

犬のイメージ

もうひとつは、他の病気で服用している薬品によって、肝臓が副作用で弱ってしまう場合もあります。肝臓には毒性を分解する機能がありますが、薬の作用によって毒素として分解せねばいけないものがあると目に余計に負担がかかってしまうということがあります。獣医さんなどとよく話し合って薬は与えてください。

ページのトップへ ▲

獣医さんからもお薦めのペット用サプリメント


荷花掌(ニカショウ)は、中国の長寿村で発見された景天科石蓮属の常緑肉質の植物です。 この地域では、100歳以上のお年寄りでも元気!地元の人や家畜に『薬草』として食べられています。 ニカショウの含有成分、カロテノイド、フラボン、ポリフェノール類、核酸、サポニン、 各種酸・多糖類の総合的な働きが健康な状態を維持してくれます。 特に、血糖値が高い、肝臓の調子が良くない、高齢のためか、元気がないなどの症状が見受けられる場合にお薦めです。

ページのトップへ ▲