下痢、血便、便に異常 / 犬の病気の症状

下痢、血便、便に異常が出た時の症状

犬が下痢や血便、あるいは、排泄に苦労する場合も、内臓の疾患がある可能性が高いみたいです。これも病状によっては、多種多様な病気がありますので代表格のものを説明します。小腸が弱って下痢が起こる「小腸性下痢」の場合と大腸が弱って血便になる「大腸性下痢」などがあります。
小腸性下痢の場合は、便の量が多く回数が少なく柔らかい便になりやすい傾向にあります。大腸性下痢の場合は、便の量は少なめで回数が多くなります。
また、非常に粘り気が出るのが特徴です。

大腸に異常がある場合は、血液が混じることもあるようです。ウィルスによる感染で起きる下痢もあります。 この場合は、激しい下痢になり、脱水症状や嘔吐発熱が続き、死に至ってしまいます。下痢などを引き起こす原因は、牛乳を分解しきれないなどの食事が合わなくて下痢、寄生虫による下痢、ウィルスや細菌による下痢内臓の炎症によるものがあります。

犬のイメージ

一番飼い主が難しいのは健康の管理と食事の管理です。少し古くなったものをもったいないからと言って愛犬に与えているといけません。あとで愛犬が、酷い状態になったら物凄く悲しいことになってしまいますので市販など栄養バランスの優れたドックフードなどをちゃんとあげてください。

ページのトップへ ▲

下痢、血便、便に異常が出た時に考えられる病気

胃・腸の病気、下痢、すい臓病、肝臓の病気、感染症、中毒、犬伝染性肝炎、内部寄生虫、パルボウイルス感染症

ページのトップへ ▲