アトピー性皮膚炎 / 犬の病気

アトピー性皮膚炎の症状

近年では犬のアトピー性の皮膚炎などの症状があることが解ってきています。人間同様にハウスダストによる、アレルギーを起こす犬がたびたびいるようです。主に若い犬が発症します。主な症状としては、激しい痒みを伴い皮膚が赤く腫れるといった感じで、目や口の周り、耳や脇の下、お腹や足の先端などいたるところに発生します。

アトピー性皮膚炎は、空気中に漂う花粉やハウスダストやカビなどを吸い込むことによって、体内の免疫が過剰に働いてしまい発症します。そのため、こまめな部屋の清掃を行うことで、アレルゲンを除去して、炎症や痒みを抑える薬物による療法が中心になると思います。犬自体をシャンプーで洗ってアレルゲンを除去しておき、お肌の保湿をしておけば、一応、発症を抑えることは可能です。

犬のイメージ

ただ、残念なことにアトピー性皮膚炎を完璧に治療することはできません。
常に室内をきれいに保ち、アトピー性皮膚炎が出た場合はなるべく獣医さんに診せる必要があります。
ハウスダストを完璧に除去するのは不可能なことですし、あまりに気を張り過ぎると飼い主の方が先に参ってしまいますので、神経質にならない程度に気を付けるのが良いでしょう。

ページのトップへ ▲