犬の予防ワクチン接種

犬の予防ワクチン接種

犬を飼う際に考慮せねばならないことに、ワクチン接種があります。犬は特定のウイルスによって病気を発症することがあるので健康のためにはワクチンによる予防接種によって、病気を予防することが必要になってきます。また、犬の病気は周辺の人々、環境にも影響することがあるので、それらも考慮していかねばなりません。

犬の予防接種において、法的に義務付けられているものに「狂犬病」の予防接種があります。狂犬病は致死率99パーセント、実質100パーセントの病気であり、法律によって予防接種が義務付けられています。狂犬病の予防接種は義務なので、無視すると法的に裁かれてしまいます。犬を飼う前には事前に調べておきましょう。

犬の予防ワクチン接種

狂犬病以外の予防接種、ワクチン接種には、単体や数種混合ワクチンなどの種類があります。これらの予防接種のワクチンは、犬ジステンバー犬パルボウイルス、犬アデノウイルス、犬パラインフルエンザ、犬レプトスピラ感染症、犬コロナウイルスなどを中心に、いくつかのワクチンが存在します。これらのワクチンを単体、または混合摂取することによって、ワクチン接種が行われます。

狂犬病以外のワクチン接種は義務ではないため、犬のコンディション、飼い主と獣医の相談によって、摂取を行うかどうか、摂取するワクチンの種類、または再接種について相談する必要があります。相談には必ず信頼できる獣医と行い、綿密に相談しましょう。

犬の予防ワクチン接種

実際のところ、犬のワクチン接種は少々犬に負担がかかることがあります。ですので、ワクチン接種については犬のコンディションはもちろんの事、飼い犬のアレルギー配慮なども考慮する必要があります。とはいえ、ワクチン接種による、飼い犬の健康に対する安全性向上も確かなものと言えます。

ワクチン接種は飼い主によって認識の差があり、飼い犬によってもワクチン接種状況が違うので、自分の犬はどうするのかについてよく考えていく必要があるといえるでしょう。

ページのトップへ ▲