犬の登録とは

犬の登録とは

これから犬を飼おうという方がいることと思われますが、犬を飼う際には犬の「登録」が必要になってきます。ペットとして人気のある犬ですが、ペットといえども人間の生活環境に入れて生活することになるため、共に生活するためには、その犬の登録をして全体管理に貢献しなければなりません。

犬の登録をすることで、当事者以外の人々の生活を安定させることにもなるので、犬の登録は意義が強いものになってきます。ここでは、犬を飼う際の犬の登録について紹介しましょう。

犬の登録、と単純に言うと、飼われている犬の管理が目的ですが、その目的の根源にあるのは狂犬病を防止するためです。犬の登録は、狂犬病予防法によって義務付けられているもので、犬の生後90日経ってから登録義務が発生します。

犬の登録とは

犬の生後90日以降には、登録するための猶予があり、犬の生後90日経ってから、30日以内に登録申請をするよう義務付けられています。犬の登録申請や届け出をする場所は、各区役所に申請する場所があるほか、行きつけの動物病院にて登録できるものがほとんどです。

登録申請用紙は、申請窓口においてあるものを使えばよいですし、登録を取り扱う団体のホームページなどに、登録用紙をダウンロードできるところもあります。

また、登録には数千円の手数料がかかります。犬の登録は生涯1回のみで、登録変更等は登録した窓口で申請できます。

犬の登録とは

犬の登録をした後には、犬の鑑札をもらうことができます。この犬の鑑札は、犬の首輪などに必ず付けておかねばなりません。というのも、この犬の鑑札は、犬が迷子になってしまった時のための迷子札代わりに使えますし、この鑑札がついていないと狂犬病予防のための捕獲対象になってしまいます。

犬が死んでしまった際は、犬の登録をした窓口にて死亡申告をしましょう。これによって、犬の一生にわたる基本の登録関連は終了します。このほかにも狂犬病予防接種に関する登録などがあるので、そちらも調べておきましょう。

ページのトップへ ▲