犬の種類

犬の種類

犬を飼う際に犬種で悩むことがあると思われます。犬の種類は豊富で、飼い主の好みや、飼うための環境によって選んでいく必要があります。

犬の種類は、主に大きさによって分けられており、グループ分けされています。犬種の中で比較的小さい犬種は、小型犬とされます。主に、ミニチュアダックスフンドやトイプードル、パグ、チワワ、シー・ズーなどの犬種が人気です。

体が小さいために狭いスペースでも飼うことができる犬種が多く、しつけもしやすい傾向にあるとされています。ただし、狭いスペースでも飼えますが、室内飼いが主になると思われるため、それなりに遊べるスペースを確保してあげましょう。ちなみに、昨今最も人気がある犬種群であるため、値段も高騰している傾向にある模様です。

犬の種類

犬の種類のなかでも比較的大きな体を持つものは、大型犬と呼ばれています。人気の高い犬種では、ラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、秋田犬、プードル(スタンダード)、ジャーマンシェパードなどの種類があり、そのほかにもセントバーナード、グレートデンなどの犬種があります。

体が大きいために広いスペースが必要となり、費用も掛かりますが、愛玩用の犬種の多くは穏やかであったり、頭の良い犬種が多いです。運動も好きな犬種が多いですが、体の大きさから長時間の激しい運動は控えたほうが良い傾向があります。

犬の種類

小型犬と大型犬との間ぐらいの大きさの犬種は、中型犬とされます。人気のあるおもな犬種は、柴犬やビーグル、ボーダーコリーやシープドッグ、ブルテリアなどがいます。

小さすぎず、大きすぎずのところと、飼いやすい犬種が多く、中型犬の寿命は比較的長いので小型犬ついで人気がある犬種群です。中型犬はかなりあいまいな基準なので、比較的小さい、または大きいものは小型・大型犬に分類されることもあるようです。

犬の大きさによって、犬の性質の大体の傾向がありますが、その犬種ごとに適した環境で飼っていくことが重要なので、犬種が決まったらその犬種についてよく調べてみましょう。

ページのトップへ ▲