犬のしつけ

犬のしつけ

犬を飼い始めるにあたって、犬と共存するために必要なことに、「犬のしつけ」があります。中にはおとなしく、ほとんどしつけが必要のない性格の子もいますが、ほとんどの場合はしつけをしっかりと行わなければなりません。

犬のしつけは、犬の素行を良いものにし、日常生活を問題なく送るためのものですから、犬のためにも、飼い主のためにもなります。

犬のしつけは、まだ行動パターンが固まっていない、子犬のうちから教えると良いとされています。大人になると行動パターンが固まってきてしまうので、しつけが難しくなってしまいます。

犬のしつけ

犬のしつけには多くの種類がありますが、まず最初に犬のトイレのしつけをすると良いと言われています。トイレは、犬と共生するためにはしっかりとしつける必要があり、まだ子犬のうちから覚えさせると、飼い主に対する関心も深まります。

トイレのしつけの次は、飼い主をリーダーだと思わせるようにしつけます。散歩中に犬の前を歩いたり、無駄吠えの制止、お手などの演技の練習をするなど、犬に対して先導するようにします。飼い主が自分より高い地位であると思わせることにより、今後のほかのしつけの効果も高くなるとされています。

犬のしつけは、方法がいくつかありますが、主に上手にできたら褒めてあげるようにすると良いとされています。その逆に、恐怖によって半ば無理やりわからせたり、エサによって釣るようなもの(適度なら有効)はあまり好ましくありません。

犬のしつけ

また、問題行動があった場合は、単純にその行動を制止するだけでなく、犬が何故そんな行動をするのかを考えていく必要があります。

しつけで悩んだ際は、かかりつけの動物病院などに相談してみたり、同じく犬を飼う人にアドバイスを受けると、何かヒントが得られるかもしれません。

ペットシッターなどにしつけを依頼する方法もありますが、なるべく最終手段にしたほうが良いです。飼い主以外の人にしつけをされても、飼い主の前では素行が悪くなったりすることもあるので、なるべく飼い主によるしっかりとしたしつけが理想的です。

ページのトップへ ▲