屋外犬のメリット・デメリット

屋外犬のメリット・デメリット

犬を飼うにあたって、室内飼いか外飼いかで悩ましいところです。室内飼いにも外飼いにもメリットやデメリットがあるので、事前によく考慮しておく必要があります。ここでは、外飼い・屋外犬のメリット・デメリットについて紹介しましょう。

まず屋外犬におけるメリットについてです。外で犬を飼う場合は、室内犬のデメリットとなる犬の臭い、犬の抜け毛の悩みが解消されます。室内飼いでは、しつけをしっかり行っていないと、好きなところでトイレをしてしまったり、インテリア等をおもちゃとして遊んでしまうなど、家の中で暴れてしまうことがありますが、外飼いならばその心配もないので、最低限しつけができていれば、さほど悩むこともありません。

また、室内犬では散歩から帰った後に足の裏を掃除しなければなりませんが、外飼いならばその手間もありません。これらのほかでは、大型犬であっても飼い易いことなどがあります。

屋外犬のメリット・デメリット

外飼いのデメリットには、まず犬が天候に影響を受けやすいことがあります。外であるため、暑さ、寒さ、雨、風、湿気などによる影響をもろに受けるので、それらによって犬の体調などが崩れないようにケアしてあげる必要があります。

特に夏場や冬場は、熱中症や病気に注意してあげましょう。また、外飼いのデメリットの一つに虫による健康障害があります。外には蚊、蜂、アブなどや、ノミやダニなどの害虫にも健康被害を受ける心配があります。

屋外犬のメリット・デメリット

虫以外にも、野良犬や猫などと喧嘩して怪我をすることもあります。外飼いの場合、これらの健康障害などに気づきにくいということもあり、犬の動向や体調にはよく目を光らせておかなければなりません。そのほか最近ではあまりないようですが、投石などの悪戯をされる場合もあり、飼い主による対策、予防が必須です。

しつけに関しては、犬と一緒にいる時間が減ることから、犬とのコミュニケーション不足になりがちというものもあり、外飼いする場合は、室内飼いよりもしっかりと犬と触れ合う必要が出てきます。

外飼いの犬は飼い主が来ると喜んで興奮するので、その興奮を抑えてからしつけすると良いと言われています。

ページのトップへ ▲