犬は公共交通機関に乗れる?

犬は公共交通機関に乗れる?

犬と一緒に生活をするうえで、遠出をするときなどに公共機関を利用しなければならない場合があるかと思われます。ですが、公共機関は不特定多数の人間が利用する場所であるため、現在では多くの場所でペット持ち込み禁止となっています。

不便ですが、決まりは決まりなので従うほかありませんが、電車やバスなどの移動に必須な公共交通機関の場合はどうすれば良いのでしょうか。

現在では、電車やバスなどの場合、指定の大きさ以内の入れ物やケース、キャリーバッグなどに入れておけば乗車可能な所が多くなってきています。また、手数料を払えばリードのみでも認可されるところもあります。

犬は公共交通機関に乗れる?

飛行機などは特殊で、登場ではなく搭載とされ、搭載時は触れ合うことができません。電車などでは、ペットをケースなどに入れたうえで、ペット持ち込みの手数料が必要なところが多いので、その分のお金を用意しておくと良いでしょう。

各公共機関によって、ペット持ち込みに関する規定は違っていることが多いため、利用するよりも前に下調べし、問い合わせておくと良いでしょう。

公共機関にぺットを持ち込む際のアドバイスとして知られるものには、キャリーバッグ等に入れても犬が平常心でいられるようしつけておくことがあります。普段と違う慣れない環境に入った犬は、吠えたり暴れたりするため、他の利用者に迷惑をかけないよう、事前にバッグ等に慣れさせておくと良いでしょう。

犬は公共交通機関に乗れる?

また、できるだけ混雑しない時間帯を選んで公共機関を利用することも大事なマナーアップとされています。ちなみに、介助犬や盲導犬とは使役犬と呼ばれ法律によって特別に許可されている犬なので、公共機関の乗車が可能です。

ところで昨今、というよりも長きに渡ってマナーの悪い飼い主がいることで悩む団体が多くあります。ペット持ち込みに関する規定を無視して、「しつけはされている」「責任は全て飼い主が取る」などと我儘を言って無理に利用しようとする飼い主がいまだに存在しているようです。


そのような飼い主は本当に一部ではありますが、ペットとは言え社会生活を送る一因ですので、その飼い主がしっかりマナーを守っていくことが重要視されており、公共機関においても実践していく必要があるといえるでしょう。

ページのトップへ ▲