犬の避妊手術

犬の避妊手術

犬などのペットは、ペットといえども家族の一員です。そんな犬との共同生活を続けるからには、犬の避妊・去勢手術に関する悩みは必ずといっていいほど付き纏ってきます。

犬は、避妊・去勢する場合と、しない場合とでは生活に大きな差が出るため、飼い主がよく考慮して決断していく必要があります。ここでは、そんな犬の避妊・去勢について紹介しましょう。

犬の避妊・去勢とは、犬の卵巣や睾丸などを摘出し、発情しないようにする手術のことです。去勢手術をした犬は、定期的な発情が行なわれなくなり、発情や繁殖行為をしなくなります。また、マーキングなどの行為をほとんどしなくなるほか、競争的、性に関する攻撃的性格が減少します。

犬の避妊手術

犬に子供を産ませない場合は、ほとんどの場合、去勢をすることがおすすめされます。出産や交尾などのリスクが減るほか、犬と人との共同生活が送りやすくなることが理由とされています。

また、性器関連の犬の病気リスクが減少し、ホルモン性高齢疾患などの予防にもなるので、避妊や去勢をすることは、犬の健康のためにもなります。

犬の去勢・避妊手術は、主に動物病院によって行われており、平均的な手術所要時間は1〜2時間ほどとされています。手術に要する費用は、主に3〜5万円ほどが相場であり、需要の多さから所要費用も低い傾向にあるようです。

犬の避妊手術

手術ですから、犬に対するリスクやストレスが心配という方も多いでしょう。実際、手術時に麻酔等のリスクがあるため、犬に対するリスクやストレスは付き纏います。

これらは避けられないので、手術前から犬のコンディションや健康状態を整えておく必要があります。

術後の犬のストレスを下げる方法に、発情前のうちに手術を受けさせる方法があります。これはよく推奨されているもので、初回発情の生後6か月ごろに手術を受けさせることで、定期的な発情時期に対するストレスを緩和させる効果があります。

出産や発情期を経験した犬は、術後に発情によるストレスを受けることがあるため、初回発情期前後の手術が望ましいとされています。

ページのトップへ ▲