犬のキャリーバッグとは

犬のキャリーバッグとは

犬を飼う際に便利なアイテムの一つに、キャリーバッグというものがあります。キャリーバッグとは、犬を屋外に連れて行く際に、犬を中に入れて運ぶためのバッグで、散歩や長距離移動など、主に外出する際などによく用いられています。

キャリーバッグには様々な種類のものがあり、プラスチック製の簡素かつポピュラーなものや、布や革製のものなど、様々な種類の素材が使われており、バッグ内に柔らかいファーなどがあしらわれたものなどがあり、目的などにも応じてデザインが変わります。

最近では、抱っこバッグやスリングバグというものも販売されており、こちらもキャリーバッグの一種として使用されています。

犬のキャリーバッグとは

また、キャリーバッグは、前述の通り外出時にバッグ内に犬を入れて移動するためのもので、長距離移動時や病院へ連れて行くときなどにも使われており、本来犬が入れない場所でも、バッグに入れていれば入ることが許可される場所もあるので、キャリーバッグの需要はそれなりに高いものでもあります。

キャリーバッグはサイズが豊富ですが、飼っている犬のサイズよりも一回り大きいサイズのものを用意すると良く、バッグ内で体の向きを変えられるくらいがちょうど良いですが、小型犬などでは、ほぼ体にぴったりなサイズのものを使うこともあります。

キャリーバッグを使用する際には、いくつか注意したいことがあります。犬に対してキャリーバッグを使うと、犬はいつもと違う環境から、ある程度のストレスを感じることがあります。

犬のキャリーバッグとは

また、いきなり狭い環境に連れてこられると、犬も戸惑ってしまうので、普段からキャリーバッグに慣れさせておく必要があります。

夏場には熱中症に対する注意をしなければなりません。バッグ内は狭いため、熱がこもりやすく、犬が脱水症状や熱中症になってしまう事例が多くあります。

特に布製で通気性の悪いものではその傾向が顕著で、夏場にキャリーバッグを使用する際は、犬の状態とバッグ内の温度についてよく注意しましょう。

ページのトップへ ▲