犬の病気

犬の病気

犬を飼う上で心配してしまうことといえば、犬における病気のことです。大切な家族の犬が苦しい病にかかってしまうことは避けたいですし、なるべく早く気付き、治してあげたいものです。

犬の病気を早く治すには、なによりも早く気付いて早期治療することが大切です。犬がいつもと違った行動をした時は、念のため病気を疑いましょう。分かりやすいものでは、ご飯をあまり食べない、吐くなどがあります。これはストレスや胃腸障害など疑いがあり、病院にて検査が必要です。

食べることは生命維持に重要な働きがあるうえ、栄養補給をしなければ病気も治らないので、食欲がない場合は早めに気づいて病院へ連れて行きましょう。また、食欲が下がると同時に、行動的でなくなったり、ぐったりとしてしまったりもするので、犬の行動にはよく目を光らせておきましょう。

犬の病気

飼い主が気付きにくいものには、発熱があります。見た目で分からないため、症状が悪化してしまうことが多いです。前述のように食欲が無かったりぐったりしているときに、耳や手などが熱かったり、平均体温の38.5度以上の39.0以上あればすぐに病院へ行きましょう。

ウイルス性のものなどの体調異常であることなどが考えられます。体調を崩す原因は周辺環境やウイルス、細菌、異物などがあり、それらを取り除くような計らいを心掛けていきたいものです。また、ワクチン接種などで予防してあげることも大切です。

犬の病気

犬の病気には体調障害のほかに、怪我や老化による運動機能障害、骨の機能障害などもあります。犬が痙攣したり動きが鈍い、足をひきづったりしたときはそれらを疑いましょう。

また、ノミや体の洗いすぎによる皮膚病関連の病気や、歯周病などの病気にも気を付けましょう。

犬の病気を治療するには、信頼できる獣医が必要です。犬の一生にかかわることですから、犬の異常に気付いてあげるとともに、信頼できる獣医を探し、かかわっていくことがとても大切です。

ページのトップへ ▲