皮膚病/ 猫の病気の症状

皮膚病の症状

猫の皮膚病には、たくさんの種類がありますが、その代表的なものに寄生虫であるノミやダニ、細菌やカビやウィルスなど外的要因の皮膚病とストレスやホルモンの異常やアレルギーによって発症する内的要因の皮膚病があります。 猫に多い症状は、主に外的要因による皮膚病がほとんどですので、ノミやダニの対策を怠らなければ、早々問題はありません。

猫の皮膚病でも特に多いものが「ノミアレルギー性皮膚炎」と「白癬(はくせん)」かと思います。 ノミアレルギー性皮膚炎の場合は、ノミの寄生で発症し、背中の部分に発疹や痒みを伴い脱毛したりします。 怖いのは、白癬(はくせん)の方で、円形の脱毛症を生じさせます。 また、母子感染や再度、同じ猫に感染したり、果ては人間にも感染する可能性があります。

猫イメージ

もう一方の内的要因による皮膚病は急激な環境の変化に不快感を持ち体を過剰にグルーミングすることによって皮膚を痛めることがあります。
別項の脱毛症にも関係してきますので、注意が必要です。
皮膚病の対策法は症状にあった塗り薬を塗布するということです。
最寄の獣医さんと相談して、効果のありそうなものを処方してもらいます。
健康管理とスポットタイプのノミやダニを駆除する薬を定期的に使用して対処しましょう。

ページのトップへ ▲