下痢、血便、便に異常 / 猫の病気の症状

下痢、血便、便に異常時の症状

数回の下痢であればたいした問題でもないですが、何日も下痢が続くようなケースの場合、腸の粘膜が傷付いていって、血の混じった便が出る可能性があります。ウィルスによるものの場合は、他のくしゃみや咳などの症状が併発しているので行けるのであればなるべく早く、獣医さんに診せた方がいいです。

何か異物などを飲みこんでしまっていて、その異物が腸を傷付け出血している場合もありますので、そういう可能性にも気をつけます。寄生虫などによる原因性の下痢や血便などの場合も、駆虫薬などの投与も必要になってくると思います。便秘による便の硬質化によって肛門の周りを傷付け出血する場合は、少し事情が違うので別項に便秘の項目があるので参考にしてください。

猫イメージ

問題なのは便の中に血液が混じっているようなケースです。 猫の排便は飼い主が見ていないときにも行われるので、その場では気が着けないケースが多々あります。
下痢や腸炎起こすウィルスで酷いものに猫パルボウィルス感染症という病気があります感染も強く、発症すると下痢と血便に悩まされることになります。
幸いワクチンがあるので、この感染症にかからないようにするためにワクチンを投与しておくことをお勧めします。

ページのトップへ ▲

下痢、血便、便に異常時に考えられる病気

伝染性腸炎、便消化器の病気、内部寄生虫、猫パルボウイルス感染症、胃腸炎、食事性アレルギー、ガン、リンパ腫、感染症、 肝臓・すい臓の病気、巨大結腸症

ページのトップへ ▲