腹膜炎/ 猫の病気の症状

腹膜炎の症状

猫の病気には、腹膜炎があります。
猫の腹膜炎はかかると、非常に死に至るのが早いのが特徴です。
この腹膜炎で代表的なものが猫伝染性腹膜炎(FIP)と言います。
猫伝染性ウィルスというウィルスに感染して発症し、中枢神経がおかしくなる病気なようです。 感染してもすぐに発症するわけでもないですが、発症してしまうと大変、危険な病気のようです。

この猫伝染性ウィルスは、ウェットタイプ(滲出型)とドライタイプ(非滲出型)というように二種類に分かれるようです。 発症すると、滲出型の場合は、発熱や食欲不振、嘔吐や下痢で弱っていきます。 腹膜炎や胸膜炎を発症し、水が溜まりお腹の周りが膨らんで呼吸困難に陥ります。 非滲出型の方は中枢神経系に炎症が起こってしまうので、マヒやけいれんなどを引き起こしがちです。

猫イメージ

病気の進行が進むと目が見えなくなって失明する恐れがあります。
当然、猫が疾患になりやすい、腎臓や膵臓もダメージを受けますので、黄疸がでたり腎不全になったりするので気をつけましょう。 症状が重いと死に至る場合があります。
この病気は完治することはが難しいので、早期の発見が必要になると思います。 もし、発症してしまったらインターフェロンやステロイド剤を利用した療法になると思います。

ページのトップへ ▲