脱毛症/ 猫の病気の症状

脱毛症の症状

猫の毛が大量に抜けるということは、皮膚病との兼ね合いで発生しているのがほとんどではないかと思います。 脱毛するときは、飼い猫に必ず何らかの体調の不調が出てきている時です。特に脱毛を引き起こす可能性が高いのが皮膚病ではないかと思います。アレルギー性の皮膚炎や細菌による白癬など、広範囲にかけて抜けていく病気です。

バランスの悪い食事を続けていても、ホルモンのバランスがおかしくなって脱毛に繋がる場合があります。他では病気のサインとして抜ける場合もあります。免疫機能の異常、腎臓疾患、糖尿病の予兆など多岐に渡っています。皮膚病のときはとくに痒いと自分で掻き毟ったり、グルーミングを過剰に行って悪化させるケースもあります。こうなるとかなり慢性化してしまいますので、注意して下さい。

猫イメージ

また、皮膚病の項でも書きましたが、ストレスによる過剰にグルーミングも脱毛症に結びつく症状ですので、猫にストレスの溜まらない状況にしてあげる方法を考えなくてはなりません。
動物病院に診察に行って血液検査などから、脱毛の原因を探るのが一番いいことではないかと思います。
たくさんの治療方法や猫用の塗り薬などがあるので、素人には何を与えればいいのか難しいです。

ページのトップへ ▲