便秘 / 猫の病気の症状

便秘の時の症状

猫の便秘は意外と危険な状態です。
基本的に猫は、乾燥地帯に住み、食べ物から水分を摂取するような生き物でした。 つまり、水の摂取量がもともと少ないのです。 飼い主側から、食物繊維の多い食事を与えるようにアプローチしていかないと、排便に難儀する猫になってしまいます。 トイレにしている排便の量が明らかに与えた食事よりも少ない場合、量が少なくなってきた場合は、便秘の症状を疑ってみましょう。

便秘になってしまってからでは、対処法が遅すぎる場合があります。
猫の場合は好き嫌いが激しい場合があり、自分の気に入らない食事は一切、摂らないという頑固な猫がいて、食物繊維の多い食べ物を拒否するケースがあります。 直らない場合は、獣医さんに連れて行き、浣腸や便の直接の摘出である摘便を行ってもらいます。 どちらにしても、腸に対する負担があります。

猫イメージ

特に摘便は直接、便を肛門から掻き出されるわけですので、腸への負担はかなりのものではないかと思います。
便秘については、猫の偏食が原因になる場合や与えている餌などの複合的な要因が考えられるので、日頃から飼い猫の観察を行っておく必要があります。
猫の偏食については、獣医さんに相談しましょう。

ページのトップへ ▲

便秘の時に考えられる病気

大腸炎、回虫症、腸閉塞、腸重積、毛球症、巨大結腸症

ページのトップへ ▲